2018.7.24 / Tattoo 【女性】ワンポイントタトゥーがかわいい!参考デザイン30選

日本ではファッションや個性の表現として、密かにブームになりつつあるタトゥー。
街中でも様々なスタイルのタトゥー・刺青を目にすることが多くなったように感じますね。

今回は、女性を始めとする若者の間で大流行しているワンポイントタトゥーについて、メリットは勿論ですが、参考のタトゥーデザインを部位別に一挙ご紹介します。
可愛らしいものからクールなものまで30個ほど厳選していますので、是非参考にしてみて下さいね。

ワンポイントタトゥーとは

ワンポイントタトゥーとは「一箇所」「一点」という意味のとおり、”小さな一つのタトゥー”の総称で、海外では「ミニマルタトゥー」とも呼ばれています。

また、世界各国で古くから愛されるワンポイントタトゥーですが、現在では韓国の女性の間で特に流行っているような印象を受けます。

大きくてもワンポイント?

広くワンポイントと呼ぶことが多いですが、そのサイズに厳密な定義はされていません。
大きいものでハガキ大のものもあれば、1cm×1cmほどの本当に極小さなものまで様々です。

ただ日本では、コインサイズ以下の小さなものを特にミニマルタトゥーと呼ぶことが多いですね。

メリット

good

ワンポイントタトゥーは小さくて可愛らしいことがまずメリットとして挙げられますが、その他にも下のようなメリットが挙げられます。

値段が安くお手軽に入れられる

コインサイズ前後のサイズのものは、5,000円~10,000円ほどと比較的値段が安いことがメリットとして挙げられます。
施術の時間も10分~1時間ほどと、身体への負担が少ないのも◎。
ファッションとして、気軽に入れれることは他のタトゥースタイルにはない大きなメリットですね。

隠しやすく、場所によってはバレない

また、まだまだ社会の目は厳しいタトゥー・刺青ですが、ワンポイントは周りにバレずにいれるには最適です。
後ほどご紹介しますが、耳の裏や腰、胸など、隠しやすい場所に入れさえすれば、ライフスタイルに合わせてタトゥーを楽しむことが出来ます。

参考デザイン30選

ではここからは、ワンポイントタトゥーの参考デザインを、部位別にいくつかご紹介します。
どの場所にいれてもかわいいワンポイントタトゥー、是非参考にしてみて下さいね。

耳の裏

耳の裏のワンポイントタトゥーは、女性に非常に人気のタトゥーの一つ。
モチーフはお花やフェザー、トライバル調のタトゥーなどが人気です。

ヘアスタイルによっては簡単に隠すことも出来ますし、お仕事が少し厳しめのにもオススメ。

鎖骨

鎖骨のワンポイントタトゥーも、意外と日本でも入れる人が多くなっています。
鎖骨にあわせた英字のレタリングタトゥーなんかも可愛いですが、筆者のおすすめはフラワータトゥー。

左右の鎖骨付近に対象にお花のタトゥーを入れるのは、ヨーロッパをはじめとするタトゥー先進国で流行しているスタイルですよ。

女性の間でオフショルダーのファッションが流行っている今、肩へのタトゥーも人気の一つです。

お花などの植物のタトゥーからジオメトリックまで、比較的デザインを選ばず楽しめるのが特徴。
肩からチラりと除く細線のタトゥーは、色気もあって非常に可愛いですね。

二の腕

二の腕の内側も、海外セレブをはじめとする、オシャレ女性の間で非常に流行っています。

特に人気があるのが、まるでサインのような筆記体のレタリング。
スラっとした腕に自身の好きな言葉をサラリと入れるとクールで良いですね。

手首

手首のタトゥーときいて、ONE OK ROCKのTAKAを彷彿する方も多いのではないでしょうか。
バンドマンをはじめ、芸能人や一般の方も入れている方は多くいます。

こちらもスタイルを選ばず映えますが、おすすめはホワイトタトゥー。
人から見られやすい手首のタトゥーですが、比較的こっそりと楽しむことが出来ますね。

指のタトゥーは、初心者をはじめ上級者からも愛される部位で知られており、お仕事に支障をきたさない飲食やアパレル関係の方なんかにはオススメです。

クールにキメたいのであれば、手の甲側にレタリング。
可愛らしく楽しみたい場合は、指の側面にいれるとおしゃれでいいのではないでしょうか?

胸下

胸の少し下~脇腹にかけては女性ならではのセクシーなタトゥーとして定評がありますね。

胸の曲線に沿ったフェザーやお花のタトゥーも可愛いですし、サラっと書いたレタリングも素敵。
レタリングに至っては、横書きでも縦書きでも格好良いですね。

腰のワンポイントタトゥーは面積が広く、衣服で見える心配もないため、比較的大胆なタトゥーを楽しむことが出来ます。

洋彫りもいいですが、女性では和彫りのモチーフを入れていることもよくありますね。
金魚や菊・桜の花など、可愛らしいモチーフのワンポイントだと和彫りでも厳つくなりすぎずオススメです。

足首

足首のタトゥーは手軽さとバレにくさから人気が高く、芸能人の酒井法子も足首に梵字のタトゥーを施していたことで知られています。

お花やレタリングなどのワンポイントも良いですが、アンクレットのようなアクセサリー感覚のタトゥーも可愛くて良いですね。
ファッション感覚で気軽にタトゥーを楽しみたい方には非常におすすめのタトゥーです。

足の甲

夏場、サンダルから見える足の甲のタトゥーは、かっこいい女性の足元を演出できます。

デザインはレタリングタトゥーなどのサラっとしたデザインが人気ですが、個人的には薔薇などの大きなタトゥーも◎。
ブラックワークにすることで、よりクールな印象を与えることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はそれぞれの部位別で、おすすめのワンポイントタトゥーのデザインをご紹介しました。

ワンポイントのタトゥーは気軽に入れられることもあり、ファーストタトゥーにもピッタリです。
これからいれようとしている人は、是非下の記事も参考にしてみて下さいね。

では、良いタトゥーライフを!

POPULAR