2018.11.28 / YOUR TATTOO 【YOUR TATTOO】THINFANFANさん(23) 工場勤務−VOL.8

街中で、服屋さんで、バーや居酒屋、ライブハウスで。
様々なシーンでタトゥーを目にすることが、増えてきたように感じられます。

タトゥーは一生消えないものとして認知されていますが、その1つ1つに持ち主の確固たる想いが込められています。
もし話しかけられるのであれば、そのタトゥーにはどんな想いが込められているのか、またどんな人柄で、どんなお仕事をしているのか聞いてみたいものですよね。

「YOUR TATTOO」は、タトゥーの持ち主の人柄や人生を「タトゥーを通して知ってみる」。
そんなDOTTの連載企画です。


THINFANFANさん宅の敷地内にて

本日は、ありがとうございます。
いえいえ、お声がけ頂いてありがとうございます。

お名前と、ご年齢をお伺いできますか?
THINFANFANです(笑)年齢は今年で23歳。

THINFANFANさん!(笑)お生まれはどちらですか?
地元は福島県の伊達市で、今は横浜に住んでます!

THINFANFANさん、ご職業は何をされているんですか?
工場で働いています。

ありがとうございます。


では、タトゥーについてお聞かせ下さい。まず、ファーストタトゥーはどちらですか?
これです。

ALEC BENJAMIN氏の作品より:リンク

THE PARLOURっていう渋谷のタトゥースタジオにゲストワークで来てたALEC BENJAMINって方に入れてもらいました。

ほほ〜。これはジェイソンですね!
そう、「13日の金曜日」に登場するジェイソンです。

これまた、どうしてジェイソンなんですか?
えっ、好きだったから(笑)
キャラクターとしてってか、アイコンとして成り立ちすぎてて。
タトゥーって、好きなものとか好きなキャラクターを入れるって感じじゃないですか。

なんでジェイソンです(笑)

GO氏の作品より:リンク

なるほど!タトゥーを入れるきっかけは何だったんですか?
夜勤明けに帰ってきて、その日誕生日だったんですよ。
帰宅途中に酒飲んで帰ってきて、でちょっとテンション上がっちゃって(笑)

ほうほう。
それで「どうしても今日タトゥー入れたい!」ってなって。
で、調べたタトゥースタジオに片っ端から電話して、OKが出たのが渋谷のTHE PARLOURのゲストワークで(笑)
で、そこでお願いして入れてもらいました。

へえ〜!そもそもタトゥーには興味があったんですか?
元々は「Pay money To my Pain」っていうロックバンドのボーカル、Kに憧れがあって。
Kも好きだけど、Kのタトゥーも格好良さを引き立たせる一つとして見える部分があって。
自然とまぁ「タトゥー=かっこいい」って思うよね(笑)
で、気づいたら入れたくなってました。

Kさんですね!タトゥーが好きな人で、Kさんから始まった人も少なくないですよね。
まぁホントいうと、昔からアングラ感というか、表に出てこない悪っぽい感じがかっこいいなっていうのもあったんですけどね(笑)

なるほど!ありがとうございます。
一つずつお話を聞かせていただきたいんですが、全部で何個入ってらっしゃるんですか?
1、2、3…11ですね。

おお〜!結構多いですね!
ファーストタトゥーの次はどちらですか?

ALEC BENJAMIN氏の作品より:リンク

これすね。ALEC BENJAMINに貰った名刺のデザインを、そのまま入れてもらった感じで(笑)
名刺が「かっけー」って思った、それだけです。

では、タトゥーのデザインを考える時は、割と軽い感じなんですか?
そうっすね(笑)

ほ〜!あ、これ、お名前のやつじゃないですか?

Masashi氏の作品より:リンク

そう、福島のJUNK CRASH TATTTOってとこで入れてもらいました。
これは当日まで全くデザイン決まってなくて、行ってからどうする?って話をして、最終的に彫師さんの持ってる「オシリーマウス」ってキャラクターに決まって(笑)

オシリーマウス(笑)かわいい〜!
「文字とか入れたい?」って聞かれたんで、じゃあ「THINFANFANでお願いします」って(笑)

軽い(笑)サイコーですね。
そもそもTHINFANFANって何なんです?(笑)
仲間内でFIFAっていうサッカーゲームをやってて、オンラインに伝説的に上手い奴がいたんすよ。
めっちゃ点決めるフォワードで、そいつが「THINFANFAN」って奴で。

語感・語呂、テクニック、こいつサイコーだなって仲間内で伝説になったんですけど、FIFAのバージョンが変わったとともに突如いなくなっちゃって(笑)
だから、勝手に受け継いだんすよ(笑)

やばい(笑)で、THINFANFANさんですね。
そう、自彫とかもありますし。

半端ないです(笑)これ「ぬま屋」って何ですか?
地元、福島にある最強のラーメン屋の名前です。
長くなるんで深くは語らないんですけど、二郎系好きな人は必ず行ったほうがいいですよ。
人生豊かになる(笑)

覚えておきます(笑)あ、これもジェイソンですね?

En氏の作品より:リンク

そう、一時期「タトゥー彫るならジェイソン彫りたい」って時期があって。
あるタトゥーアーティストの作品の影響で、人の顔の中にデザインがあるスタイルが格好いいなって思ってて。
そん中にジェイソンあったら、もっとかっこいいんじゃね?」って。

めっちゃ格好いい作品ですね!Enさんですか?
そう!Detroit Diesel Tattoo WorksのEnさんに入れてもらって。
作品とかをInstagramで見てて、憧れのアーティストだったんで。

すごい、映画の雰囲気も作品にしっかり出てますね。
俺、元々スプラッター映画が好きで「13日の金曜日」を見て好きになったんですよね。
なんでサイコーです。

へえ〜。THINFANFANさんは、そんな感じで色んなアーティストの方に彫ってもらってるんですか?
そうすね、ゲストワークで日本に来た、Zilly Rorexっていうスウェーデンのタトゥーアーに彫ってもらったり。

Zilly Rolex氏の作品より:リンク

存じています!かっちょえ〜。
あとは、ILLSYNAPSEのISHIさんに「カマネコ」っていう彼のキャラクターで、ラーメン食べてるところを彫ってもらって。
ラーメン好きだし(笑)

ISHI氏の作品より:リンク

「ぬま屋」に始まりですね。
あとは、よくお世話になってるのがSCUMBOY TATTOOのGOさんですね。
今日も入れてきたところで。

GO氏の作品より:リンク

自分も大好きです!これはどうして寿司なんですか?
えっ、寿司好きだからです。

愚問でしたね(笑)
GOさんの作品は、どういうところがお好きなんですか?
GOさんはアーティストとして、もう好きなんですよね。キャラクターとかもですけど。
みんな映画とか観て好きになって、自分の中でソウルムービーとか、ソウルドラマとか持ってたりするじゃないですか、そういう感覚。
もう、好きなんですよ。

GO氏の作品より:リンク

GOさんの作品が好きっていうのもあり、それ以前にアーティストとしてGOさんが好きって感じですか?
そうですね、正直そのアーティストに入れて頂けるのであれば何でもいいし、ちゃんとそのアーティストのことを思ってオーダーはするけど、ぶっちゃけアーティストのアートであれば、何でも好き。

あ〜めちゃくちゃわかります。
ですよね。


では、いくつか質問をさせてください。
まず、THINFANFANさんがタトゥーを入れる目的って、何ですか?
アーティストが好きだから…?
俺の好きなタトゥーアーティストは、タトゥーっていう形でアートを表現してるんですよ。
「音楽家は音楽を奏でる、タトゥーアーがタトゥーを入れる」ってだけです。

みんなが好きな服屋さんで服を買ったり、絵描きさんの絵を買うのと本当似た感覚。

GO氏の作品より:リンク

ほお〜。なるほど。
よく言われる「タトゥーに込められた意味」とかについては、どうお考えですか?
良く言う「決心のタトゥー」ってのは分かんないですけど…例えば結婚指輪だって決心の証だし、そういう決心の方向がタトゥー行っただけなんじゃないですか?
意味がないって言ったらそれまでなのかもしれないですけど、自分にとってのタトゥーの意味は、タトゥーを入れることにあるって感じです。

Kowhey氏の作品より:リンク

ありがとうございます。
また、THINFANFANさんは見えるところにタトゥーを入れていないように見受けられますが、何かご理由はあるのでしょうか?
地元の福島でお祭りに参加してるんですけど、そこの暗黙のルールみたいなので「刺青をしたら表に出せない」ってのがあって。
いろんな地区から皆が太鼓叩いたりするんで、その人のせいで地区の印象が悪くなったり、不良っぽいって思われたりも。
地方だから、より刺青に対しての少し偏った見方みたいなのが、あるのかもしれないですね。

あ〜、確かにそれはあるかもしれませんね。
俺は、地元もお祭りも好きだし、これからも参加させて頂きたいし、自分の刺青のせいで地区が悪く思われるのは嫌だし。
そこを上手く自分の好きなカルチャーと、もう一つの好きなカルチャーを一緒に楽しんでいくには、そうするしかないって思ってるので、見えるところには入れてません

でもなんだかんだ地元が1番好きです、愛してます。

色々あるんですね、ありがとうございます。
では最後に、タトゥーを入れようか迷っている方へ向け、一言いただけますか?
俺は突発で入れてるわけじゃないですか、誕生日で酔っ払って寂しくて(笑)
なんで改めて聞かれると、考えてタトゥーを入れる人の気持ちがわからないんですけど(笑)

En氏の作品より:リンク

まあ、そうですよね(笑)
「この人の作品が好き!」って思えるものを見つけて、その一歩を踏み出せるなら入れたらいいし。
その一歩を踏み出せないなら、それまでなんじゃない?て単純な話だと思うんですよね。


※「YOUR TATTOO」では、インタビューを受けて頂ける方を募集しています。
氏名、年齢、お住まい、ご職業、自身のタトゥーのことを簡単に明記の上、こちらまでお問い合わせ下さい。
洋彫り・和彫り、タトゥーの数や種類は問いません。
お気軽にお問い合わせ下さい。

KeyWords

POPULAR