2019.1.12 / Tattoo 惑星のタトゥーの意味とデザイン|水星〜海王星「水金地火木…」

前回は「宇宙系タトゥー」ということで、星や太陽・月などのタトゥーについて意味とデザインをご紹介しました。

今回DOTTでご紹介するのは「水金地火木…」でお馴染みの、太陽系惑星のタトゥーについてです。
これから入れたいと思っている方へ向け、オススメのスタイルと参考デザインもご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

太陽系惑星のタトゥー

国内外を問わず、若者に大人気の惑星のタトゥー。
ミニマルタトゥーとしての、ワンポイントも可愛いですが、太陽系の惑星を複数並べてもおしゃれに見えます。

まずは複数の惑星を並べたものからご紹介してみましょう。

意味

惑星や宇宙のタトゥーをご紹介する上で外せないのが、太陽系のタトゥー。
中でも画像の様な「惑星直列」というのは、天文学的には起こりえない太陽系の惑星が一直線にならぶ現象をさします。

都市伝説などでしばしば語られており「惑星直列が起こると引力の関係で天変地異・世界が滅ぶ」なんてことも噂されてきました。
これから何かを成し遂げ、世界をひっくり返そうとしているアナタにはオススメのデザインですね!

各惑星のタトゥー

さて、本題の太陽系の各惑星の意味についてご紹介していきましょう。
デザイン的には土星や地球などがオシャレですが、カラーで綺麗に描かれた海王星なんかも非常にオススメです。

また、太陽系の惑星にはそれぞれ、神話に登場する神様の名前も振られておりますので、それを踏まえて「水金地火木…」の順でご説明していきますね!

水星(マーキュリー)のタトゥー

水星は、太陽系の中でも太陽に最も近いところで公転している惑星です。
ローマ神話では「マーキュリー」、ギリシャ神話では「メルヘス」と呼ばれ、「旅人・商人の守護する神」だとされています。

デザイン的には月に似ており、ブラックアンドグレイで綺麗に入れるのがオシャレなのではないでしょうか。

意味

占星術では「知性やコミュニケーションを司る惑星」だとされています。
他にも「聡明」「技術」「運動神経」の象徴だと言われているため、人を選ばず様々なシーンで活躍する方々へお勧めできるタトゥーの一つですね。

金星(ヴィーナス)のタトゥー

金星は、太陽系の中では地球に最も近いところで公転している惑星です。
ローマ神話では「ヴィーナス」、ギリシャ神話では「アプロディテ」と呼ばれ、「美と愛の女神」だとされています。
惑星の中でも一際光ってみる金星は、ブラックアンドグレイは勿論、カラーでも綺麗にハマります。

意味

占星術では「物質的・精神的な豊かさを司る惑星」だとされています。
また「愛」や「美」の象徴とされているあたりは、女性にもぴったりだと言えますね。

他にも「太陽の次に明るい星」だと言われているため、誰の側近として活躍する方なんかにもいいのではないでしょうか。

地球(ガイア)のタトゥー

言わずと知れた惑星、地球は私たち人間をはじめとする、様々な生物が生きている惑星ですね。
他の惑星と違い神様が当てられている訳ではないようですが、「母なる大地・ガイア」と呼ばれ「大地の女神」と同一視されることが多いです。

タトゥーに落とし込むならカラーも有りですが、ジオメトリックと織り交ぜたデザインや、ラインのみで描かれたクールな作品など、多種多様なスタイルで描かれます。

意味

女神ガイアは上記の通り「大地」を象徴し、他にも「多産」「豊穣」などの意味があるとされています。
個人的には、ワールドワイドに活躍したい方なんかにもお勧めかなと思います。

火星(マーズ)のタトゥー

火星は、赤く光って見えるその姿が「火」を彷彿させることからその名前がつきました。
ローマ神話では「マーズ」、ギリシャ神話では「アレース」と呼ばれ、「戦と農耕の守り神」だとされています。

赤色で、単体でも映える火星のタトゥーは、インパクトがあって格好いいですね。

意味

占星術で火星は「情熱や勇気を司る惑星」だとされています。
他にも、アレースが軍神であることから「闘争心」「争い」の象徴だともされており、前衛的に、そしてアグレッシヴに活動をされる方にぴったりのタトゥーですね。

木星(ジュピター)のタトゥー

木星は地球1400個分の大きさを誇り、太陽系の中では最大の惑星です。
ローマ神話では「ジュピター」、またはギリシャ神話最大の神である「ゼウス」と呼ばれ、「全宇宙や天候を支配する天空神」だとされています。
タトゥーにすると独特の模様がとっても綺麗で、吸い寄せられるような魅力がありますね。

意味

木星は「拡大と発展を司る惑星」だとされ、ゼウスは、ギリシャ神話の主神・最高神にあたる神々の王様です。
ゼウスの性格のような自由奔放でエネルギッシュな方にはぴったりではないでしょうか。

土星(サタン)のタトゥー

デザイン的にも他の惑星とは一線を画す土星は、オシャレな惑星として知られていますね。
ローマ神話では「サターン」、ギリシャ神話では「クロノス」と呼ばれ、「農耕を司る神」だとされています。
※混合されがちですが、悪魔を意味する「サタン」とは別物ですのでご注意下さい。
タトゥーにすると、シンプルなデザインで描いても何であるかがすぐ分かる、人気のモチーフの一つです。

意味

占星術では土星は「試練を与える星」だとされています。
他にも、農耕神クロノスは先述したゼウスの父でもあるため、一家の大黒柱を担うアナタや、お子様が生まれた記念なんかにもいいかもしれませんね。

天王星(ウラヌス)のタトゥー

夜空に青白く光る惑星、天王星はオリジナリティとインスピレーションを支配しています。
ローマ神話では「カイルス」、ギリシャ神話では「ウラヌス」と呼ばれ、「全宇宙を最初に統べた天空神」だとされています。
あまり知られていませんが、実は天王星にも土星のような輪っかがあるため、タトゥーにすると結構オシャレですよ。

意味

天王星は「独創性を司る惑星」だとされています。
音楽関係や芸術関係のアーティストの方や、とにかく人と同じが嫌いな方にはおすすめです。

海王星(ネプチューン)のタトゥー

最後に、海王星は太陽系の中でも一際青く、ローマ神話では「ネプチューン」、ギリシャ神話では「ポセイドン」と呼ばれ、「海の神」だとされています。
青がとっても綺麗で、タトゥーならカラーがハマりそうですね。

意味

海王星は「夢想や直感を司る惑星」だとされています。
「海の神」の通り、サーファーや漁師さん、海を舞台に活躍される方なんかの御守りのタトゥーはいかがでしょう。

おすすめのスタイル

そんな惑星のタトゥー にオススメのスタイルをいくつかご紹介します。
スタイル一つで印象もガラっと変わるため、他のタトゥーとのバランスに合わせて選んでみて下さい。

リアリスティック

リアリスティックは、写真さながらのリアルに描写するスタイルの総称です。
地球や木星など、繊細なタッチが映える惑星だとこのスタイルがおすすめです。

ドットタトゥー

ドットタトゥーはラインやシェイディングを細やかなドットで表現するタトゥースタイルです。
ジオメトリックと掛け合わせたりと可能性は無限大で、無機質な惑星のタトゥーもシンプルで可愛らしく彫ることが出来ます。

ミニマルタトゥー

日本ではワンポイントと呼ばれることの方が主流ですが、個人的には特に小さなタトゥーを呼称することが多いように感じます。
惑星のタトゥーを御守りに、人には見えにくく入れたい場合は、ミニマルタトゥーとして入れるのがおすすめです。

その他のスタイルのスタイルについては、下記の記事をご参考下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、惑星のタトゥーをテーマに、それぞれの意味とおすすめのスタイルをご紹介してみました。

結局のところ神話や意味はきっかけの一つで、気に入ったデザインだけで入れるのもいいかもしれませんね。
タトゥーが好きな方が、どのような意味や経緯でタトゥーをいれているのかは、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

では、良いタトゥー ライフを!

POPULAR