漢字の刺青

2019.2.15 / Tattoo 奥深き「漢字タトゥー」の世界|魅せ方次第でクールな刺青・タトゥーに

あなたも、一度は漢字で書かれたタトゥー・刺青を目にしたことがあるのではないだろうか。
先日、アリアナ・グランデが「七輪」というタトゥーを入れたことで物議を醸し、Twitter上ではその賛否については議論が交わされた。

ここで「ああ、外国の方で漢字のタトゥーね…」と考えるのを辞めてしまうのは、非常に勿体無い。
今回はアリアナ・グランデの一件の考察を通し、漢字のタトゥーの奥深さと、クールな作品をご紹介しよう。

漢字のタトゥー

では、本題に入る前にまず、漢字のタトゥーと、アリアナ・グランデの一件についておさらいしてみよう。

漢字のタトゥーについて

江戸時代より愛される、漢字の刺青

いつから漢字の刺青が彫られるようになったかを明確に言及するのは難しいが、今のような「図柄を彫る」ようになる以前から文字の刺青は彫られていた。
簡潔に説明をすると、刺青の起源である「遊女のいれぼくろ(起請彫)」が、次第に「〜様」や「〜様命」という言葉を彫るよう変遷。
その後、侠客の間で「南無阿弥陀仏」など仏教の言葉が彫られるようになった、と言われている。

詳しくは後述するが、現在ではどんぶり(全身)や、背中一面などの和彫りを彫った際にも、漢字を含む文字の刺青が彫られることが多い。

現代の漢字タトゥー

現代では、和彫りも然り、日本の文化であるアニメや漢字をタトゥーに落とし込むものが海外では人気が高い。
それもかつてのようなガッツリとした漢字だけではなく、フォントの可愛らしいタトゥーや水墨・水彩のようなものまで、アレンジを加えたものが広く愛されている、

アリアナ・グランデ「七輪騒動」

概要

アリアナグランデ 七輪 タトゥー

先日、歌手のアリアナ・グランデが手のひらに「七輪」と書いた漢字のタトゥーを入れたことを発表。
自身のアルバム名「7 Rings(七つの指輪)」の漢字を表記したのだが、これについて「七輪は調理器具」という指摘や、「文化の盗用」など、様々な意見が飛び交った。

その後、アリアナ・グランデは七輪に「輪♡」を付け足し、最後には「ほっといて欲しい」と、度々の指摘にうんざりしていた様子であった。

考察|筆者の考え

言いたいことは幾つかあるが、端的に。
言葉にするのは難しいが、漢字というのは言語であると同時に、英字や数字と同様に「記号的・デザイン的役割」も担っていると筆者は考える。

現代では、特にニューヨークに思い入れがなくても「NY」と書かれたキャップを被り、誕生日が何日だろうと「16」などの数字の書かれたTシャツを着る。
何故かって「NY」という形を見て、良いと思うからではないだろうか。

彼女の楽曲を文字った「七輪」は、記号やデザインとして何ら間違いではないし、こんなに可愛い漢字のタトゥーも珍しい。
これを「七輪は調理器具だから変だよ」と言語の範疇に戻した指摘を、我々日本人が行ってしまうのは少し残念だなあと、個人的には思う。

漢字のタトゥーが入った著名人

アリアナ・グランデだけではなく、様々な著名人が漢字のタトゥーを入れていることで知られている。

雅(Miyavi)

雅|全身の漢字タトゥー

侍ギタリストとして世界を舞台に活躍する、雅(Miyavi)も身体の至るところに漢字が書かれていることでられている。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティンビーバー|漢字「曲」のタトゥー

歌手のジャスティン・ビーバーも、腕に「曲」というタトゥーが彫られている。

クールな漢字のタトゥー

では、ここからは筆者の厳選した「本当に格好いい漢字のタトゥー」をご紹介。
スタイルを定義するのは難しいが、なるべく近いタトゥースタイルでまとめているため、是非参考にして頂きたい。

和彫り|漢字の刺青

まずは日本の生んだ、伝統の和彫りにて頻繁に使用される漢字の刺青を紹介しよう。

銘(彫銘)

三代目彫よし先生の作品

三代目彫よし先生の作品:リンク

銘(彫銘)は「〜代目・彫〜」や、最近では「初代・〜」といった和彫りの作品に添えられた彫師の署名である。

不退転

不退転 タトゥー

GASEN TATTOO様の作品より引用:リンク

和彫りと一緒に描かれることの多い「不退転」というのは、もともと仏教で使われていた言葉。
修行を怠ることを「退転」といい、現在「不退転」は「何かを諦める・屈することなく励む様」を指す言葉として用いられる。

南無阿弥陀仏

よく聞く「南無阿弥陀仏」はブッダの言葉で、一言で表してしまうと幸せになるための言葉。
仏教では、人は皆「無明の闇」という心の病にかかっていると言われており、この病を治す力があるのが「南無阿弥陀仏」という語だとされている。
詳細:リンク

南無妙法蓮華経

南無妙法蓮華経 刺青

新潟・PINE NEEDLE TATTOO様の作品:リンク

「南無妙法蓮華経」は日蓮宗を説いた日蓮の言葉で、法華経への帰依を表している語だとされている。
詳細:リンク

筆文字

筆で描かれたようなタトゥーは、海外では「Brush Stroke Tattoo」と言われ、人気の高いスタイルの一つ。
筆文字で漢字を書くスタイルも東アジアを中心とし盛んに彫られており、海外のタトゥー愛好家が日本や中国まで足を運んでいれる例も多い。

ゴシック体の漢字タトゥー

ゴシック体で表記する場合は、字体のシンプルな漢字を選択することで、よりラフに可愛く楽しむことが出来る。
上記の画像はより記号・デザイン的に、上手くゴシック体の良さを引き出せている好例。

アクセントとしての漢字

寿司のタトゥー

GO氏の作品より:リンク

実はこの漢字タトゥー、図柄によっては様々なスタイルとの相性も良く、国内の著名のアーティストがアクセントに用いることも多い。
ゴシック体の漢字を取り入れることで、作品に絶妙な抜け感を演出することが出来る。

まとめ

いかがだっただろうか。
決してバカには出来ない漢字タトゥーの世界だが、間違った表記が多いのも事実。
日本への好意があってのものであるが故、少しやるせない気持ちになってしまうのは私だけではないだろう。

加えて梵字のタトゥーも海外では人気が高いスタイルの一つであるため、興味のある方はこちらも。

では、良いタトゥーライフを!

POPULAR