2018.9.24 / Tattoo 首へのタトゥーがかっこいい!著名人のタトゥー・痛みやデザインまとめ

日本ではファッションや個性の表現としても認知されつつあるタトゥー(刺青)。
飲食やアパレル、コールセンターなんかでは、手の甲や指などの見える位置にオシャレなタトゥーを施している人も多い。

今回はそんな中でも上級編、首のタトゥーについてご紹介しよう。
これから入れる人に向け、クールな参考のデザインは勿論、痛みやタトゥーの入った著名人なども徹底解説。

首のタトゥー

はじめに

首のタトゥーは、髪の長い方以外は隠すことが難しく、周りから見えやすいタトゥーとしても知られている。
大なり小なり、人生を左右するタトゥーになることが想定出来るだろう。
本記事は「後先を考えず首にタトゥーを施すこと」を推奨した記事ではなく、あくまで参考程度に楽しむことをお約束頂きたい。

ではまず、痛みや仕事面のことから簡単にご紹介していこう。

首のタトゥーは痛いって本当?

タトゥーの部位ごとの痛みについては様々な意見が飛び交っているが、「一番痛かったタトゥーは?」の問いに対して「首」という回答はよく見受けられる。

筆者は首には入っていないため、意見のご紹介だけになるが、「初めての方は本当に避けたほうがいい」と言われているほど首へのタトゥーは激しい痛みが伴うようだ。

メリット

good

首にタトゥーを施すメリットをざっくりまとめると、以下の通り。

周りに魅せれるし、かっこいい!

首へのタトゥーは、かっこいい。
目線に入りやすく、季節を問わず魅せることが出来る、数少ない場所の一つだ。

仕事をするにも街中を移動するにも、周りから見えやすい首へのタトゥーを施した方は、ある種の人生に対する覚悟が汲み取れる。
生き様も相まって、非常にカッコいいタトゥーの一つとなるだろう。

実は簡単に隠すことも可能

そんな首のタトゥー、実は条件によって比較的簡単に隠すことも出来る。
まずは髪の長い方に言えることだが、首の後ろ部分に入れたタトゥーは髪を下ろすことで簡単に隠すことが可能だ。

有名なところで言うと、ファッションモデルの小森純は、首の後ろに梵字と桜のワンポイントを入れている。
お茶の間で目にすることも多い彼女だが、メディア露出の際は長い髪の毛を下ろすことにより、視聴者の目に入らないような配慮をとっている。

首にタトゥーの入った著名人

他にも、格闘家やアーティスト、モデルの方をはじめ、実は著名人で首へタトゥーを入れている人も多い。

山本 KID 徳郁

最近、不幸にも訃報を知らせることとなった、山本 KID 徳郁。

神の子と称されるKIDは全身にタトゥーを入れていることで知られているが、首のキスマークのタトゥーは彼のトレードマークの一つである。

MAH(Vo. from SiM)

MAHは日本のレゲエパンクバンド、SiMのボーカルを務めている。

首の彫られたコウモリは彼のファーストタトゥーでもあり、音楽として生きることを腹を括った、非常に想いの強いタトゥーだと語っている。

G-DRAGON(クォン・ジヨン)

BIGBANGのメンバー中でも秀でて人気の高いG-DRAGONも、身体の至るところにタトゥーを入れている。

注目すべき首へのタトゥーは、何やら人物に羽根が生えた神々しいデザイン。
ラインのタッチも非常に繊細で、いかにも韓国らしいタトゥーである。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーは言わずとしれた、アメリカで活動をするミュージシャンである。

全身に施されたブラックアンドグレーは60個近くあるが、中でも首の羽根のタトゥーはファンからの人気も非常に高い。

アリアナ・グランデ

大人気シンガー・ソングライター、アリアナグランデは最近「千と千尋の神隠し」のタトゥーを腕に入れたことでファンを驚かせた。

首の後ろには「Mille Tendresse」とレタリングタトゥーが入っており、フランス語では「計り知れない優しさ」を意味する、彼女らしいオシャレなタトゥーだ。

首に映えるデザイン

ではここからは、これから首へタトゥーを入れようと考えている人に向け、首に入れると映えるモチーフやデザインを幾つかご紹介。
痛みや社会的な問題など、大きな壁を乗り越えた先には素晴らしいものが待っていることだろう。

ローズ(薔薇)

薔薇のタトゥーは、場所を問わず映える人気のモチーフの一つであるが、首へのタトゥーとしてもその人気は高い。
タトゥーに対して怖いという思いを抱く方も多いが、目にして綺麗だと思わせるような薔薇だと、抱く印象も変わってくるのかもしれない。

薔薇が描かれるスタイルも多様で、リアリスティックやブラックアンドグレイでも映えること間違いなしだ。

ダガー(短剣)

ダガーは刃という性質上、心臓や首など命に関わるような場所に彫られるのが人気だ。
先程の薔薇との相性も良いため、首の左右に薔薇とダガーなんてのはいかがだろう。

個人的にダガーのタトゥーはネオトラディショナルが好きだが、あなたはどのスタイルがお好きだろうか?

スカル(骸骨)

スカルのタトゥーも、胸元や首などに彫られると一層映えるモチーフの一つだ。
アメリカントラディショナルな感じもイイが、リアリスティックやブラックアンドグレイなどでクールに締めるのも◎

ブラックワークだと周りのタトゥーとの相性もよく、主張も抜群に効いている。

トライバル

ここからはモチーフというより、スタイルとしてガッツリ首周りに入れるものをご紹介。

トライバルには様々な種類があり、どれも老若男女にかっちりハマるが、首なら塗りが強いものがオススメ。
デザインの主張は激しすぎずファッションと合わせやすいのもメリットの一つだ。

ジオメトリック

ジオメトリックはここ数年で急激な注目を浴びることになった、新しいタトゥースタイルだ。

円や図形の織りなす線の美しさは、シンプルながら意外にも多様性に富んでおり、どんなモチーフともかけ合わせやすいことが特徴。
女性なら首のラインを綺麗に魅せることが出来る、おしゃれさんにはピッタリのスタイルだと言える。

アブストラクト

最後に上級者向けに、アブストラクトをご紹介しよう。

「Abstract」は「抽象的」「抽象画」を意味し、タトゥーとしては広義に用いられやすく、ブラックワークのアグレッシブなものから水墨・水彩画のような綺麗なものまで指すことが多い。

上記のようなカラーのもの以外にも、禍々しいブラックワークなんかも海外諸国では流行をみせている。

まとめ

いかがだっただろうか。
首へのタトゥー。将来に支障をきたさないことが決まっているのであれば、挑戦してみるのもいいかもしれない。
また、このシリーズで言うならば顔へのタトゥーなんかも挙げられるが、興味を持ったことはあるだろうか?

興味がある方は是非読んでいただきたい。
では、良いタトゥーライフを!

POPULAR